テーマを達成するためにはひとつしか薄い。日課をひたすらやりこなすことである。

相手を達成するためには一環しかない。日課をひたすら果たすことである。これを終わるためには何が必要なのかということを指し、毎日の仕事をこなしてゆく。だがここであせってはいけない。最初は1時ですら集中力がもたないのだから。たとえばぼくが受験勉強をやる瞬間、まずは10取り分台に通うことから始めた。そこから徐々にならして赴き、ついに最初日何時間でも打ち込むことができるようになった。偏差枚数も50から70になった。不思議なのは、当時のぼくはよく自分啓発のニュースに書かれていることをほぼ自発的にやっていたことだ。そうとう気分が高かったと想う。ただ受験勉強以外は全て何もやらなかった。課程内側は寝ていたし補修とかそんな当番も一律さぼって遅刻早退しまくっていた。体育も一律ぶっちしていた。あの頃がほんとうに妬ましい。これだけ専念する有様は残念ながら今はない。だが完全にあのときの意識を奪い返すことができれば絶対にビンゴこなせるはずだ。そのために日々苦労を続けなければならない。http://www.51sjzam.info/